2017年05月24日
 ”無料”で出来る「じどうしゃほけん」の見積もり
*本サイトは期間限定の為、予告なく閉鎖致します。

  
  インターネットを使って、24時間いつでも大手自動車保険各社
 
  の見積もりが無料”で一斉に出来ます。



 「じどうしゃほけん」は、それぞれの車(車種,使用条件等)によって

  各社により大きな違い”が有ります。

 

   一社にこだわらずに、複数の保険会社の見積もりを取りましょう。

  また、頻繁に契約内容に変更が生じるので、常に最新の見積もり”

  チェックしましょう。


  
 
  *一度見積もりをしてその後の案内(メール又は郵便)を希望すれば、

   満期日近くになると自動的に案内書が送付されます。

     また、自由に案内通知を取り消す事も出来ます。




  詳細は、以下の2つのサイトをご覧下さい。

    
         *下記のサイトは、大手損保と正式に契約”を結んだサイトです。

      無料安全に利用出来ます。
   
 
     *もちろん執拗な勧誘等は、一切ありません。

           *ガイダンスに従って、誰でも簡単に見積もり出来ます。    
           
    *現在、キャンペーン(見積もりするだけで、商品券等を進呈)”実施中です。




  (見積もりに必要な物)

  
     *免許証,車検証,現在加入の保険証券等




  <比較.com>


   バッド(下向き矢印)

          比較.comの自動車保険一括見積もり!【 無料! 】


          
 
  


 
 <インズウェブ> 

   ※満期日まで、3日以上90日未満の方が見積もり依頼の対象です。

  バッド(下向き矢印)

     【500円全プレ付】インズウェブの自動車保険一括見積もり
 
    






 [お問い合わせ]

  「じどうしゃほけんの見積もりについて不明な点は、

   下記メールフォーム”まで
お問い合わせ下さい。

      ↓

    <お問い合わせフォーム>



[ じどうしゃほけんに関係する記事一覧 ]



 『自動車保険 見積り』

車を運転する人なら誰もが加入する事になるであろう,自動車保険。自動車保険は,1998年の
保険の自由化
以降に劇的に変わったのです。それまでは,自動車保険は,どこの会社でも,
条件が同じであれば保険料は同じでした。そのため,自動車保険の満期が来たら,ほぼ同じ会社
での更新となっていました。

しかし,自由化によって同じ条件であっても,会社によって自動車保険の保険料や保障が全然
違う今は,賢く自動車保険の見積をして,各社の自動車保険を比較することがとても大事
なの
です。

自動車保険の見積は,今やインターネットで簡単に行うことができます。自動車保険の見積を
するときに,必要なものは免許証,そして車検証,今現在加入している自動車保険の保険証券
です。

自動車保険の保険は,車の車種や年式,走行距離によっても変わってくることとなります。
また,自動車保険という保険には色々な割引きがあります。
安全装置がついているかついていないかによる割引きなどです。例えばABSが搭載されている車
は5%の割引きで,エアバッグが装備されている車は10%の割引きになったりするわけです。
このように,様々な車のスペックによって,自動車保険の保険料や補償額は変わってくることと
なります。



 『自動車保険 一括見積もり』

自動車を運転する人なら,誰もが気になる自動車保険。自動車保険の見積をして各社を比較
したいけれど,いちいち見積を頼むのも大変な作業ですよね。そんなとき,自動車保険の一括
見積サービスを使えば,簡単に自動車保険の見積を一括で行うことができるのです。

インターネットでの自動車保険の一括見積サービスの流れはどうなっているのでしょうか。
まず,自動車保険の一括見積サービスを行っているサイトで,簡単に見積条件を入力します。
すると,そのサイト側で自動車保険の保険会社等とマッチングしてくれます。

すると,後日,そのサイトを通じて各社の自動車保険の見積が届けられることになります。
そうして,その届けられた自動車保険の見積をもとに,保険料や補償内容,サービスなどで
具体的に比較を行って自動車保険を的確に選ぶことができるのです。

入力自体もとても簡単で,自動車保険の見積を行う該当車両の情報を入力して,運転者の情報を
入力します。その後,自動車保険の希望補償内容を入力して,これで自動車保険の一括見積の
請求が完了となります。

届いた自動車保険の見積を比較して検討し,直接保険会社などに連絡することになります。
自動車保険の見積を依頼しても,契約の義務は一切生じないため,とても便利なサービスです。




 『自動車保険 比較』

自動車保険に限らず,保険というものは,沢山の商品が日々登場しているので,どの商品を
選べば良いのか,どの会社を選べば良いのかなどがわからなくなりがちです。
そこで,自動車保険に加入しようとしている時は,自動車保険の様々な会社の商品の比較が
重要となってきます。

自動車保険を比較することによって,自動車保険の保険料は確実に安くなってきます。
最近では,自動車保険の比較はインターネットを使う事によって簡単に行う事ができます。
車検証などを目の前に置いて,簡単な入力をするだけで自動車保険の比較を行う事もできます。

自動車保険の比較のポイントは,自動車保険の保険料の違いや,各種の割引制度はもちろん,
保障の保障内容(基本保障や特約,車両保険についてなど)をしっかりと見ることです。
また,自動車保険では,事故にあった場合などのサービスやフォロー,無料ロードサービスが
ついているのかなども重要となってきます。

自動車保険の比較をする時には,これだけは譲れないという保障の優先順位を決めましょう。
また,比較的安い保険会社も存在しますので,安い保険会社を選べば自動車保険の保険料も
安くなるということになります。



 『強制保険と任意保険』
 

 <強制保険>

強制保険とは自動車の使用者に対して、加入が義務付けられている保険であり、自動車損害賠償責任保険(自賠責、自賠)や自賠責共済のこと。万一のとき、被害者や遺族に対して、最低限の賠償金を確保するための制度である。

保険料は車種(車やオートバイの排気量や用途)と保険期間によって定められており、検査対象車種では自動車の登録又は車検の際に、車検満了日までの期間を満たす保険期間での加入が義務付けられている。 支払限度額は、被害者の重度の後遺障害のときは最高4000万円、死亡の場合は最高3,000万円、その他の傷害のとき、最高120万円である。

 <任意保険>

重大な事故の場合には上記の自賠責保険だけでは不足し、また、物損事故には対応できないが、潜在的加害者である運転者の中で自力で十分な補償能力を有する者はむしろ稀であるため、強制保険以外にも任意で他の保険にも加入しておくことが推奨される。これを任意自動車保険(任意保険)という。

保険期間は通常は1年だが、長期や短期の保険もある。保険料率は車種の他に、運転者の年齢や運転者の範囲(その車を他人が運転するか、本人・家族のみに限定するか、など)などによる分類によって定められ、危険度(事故率・損害率)の高いグループほど高い保険料率となる。(若年運転者ほど高い保険料率となる。また、運転者が家族に限定されるより、不特定多数による運転の方が保険料率が高い、など。)他にも車両の安全装備(エアバッグ、ABS、衝突安全ボディ)や盗難防止装置の有無(イモビライザーなど)による割引制度がある。

任意保険は自賠責同様、自動車1台ごとに1契約が基本である。しかし、1台の車を共同利用していた時代とは異なり、国民の大多数が運転免許を保有するようになって、家族で数台の車を使用する状況になると、「車ごとの危険度」の算定では実態にそぐわなくなってきた面がある。

近年の保険料自由化により、各保険会社が独自に、より細分化されたグループ(運転免許証の色や家族構成、年間走行距離など)毎の危険度の算定や、複数保有割引の導入などが行なわれているのは、「車の保険」から「運転者個人」の保険への移行の流れと捉えられなくもない。しかし保険料率の細分化は、事故率の高い若年運転者の保険料の高騰となり、収入の低い若年層の「無保険化」を招く危険も孕んでいる。

なお、自動車運転者損害賠償責任保険(ドライバー保険)は、自動車を保有しないペーパードライバー個人に掛ける、例外的な保険である。


 『自動車保険 等級』

自動車保険の契約の中で,等級ということばが出てきます。自動車保険の等級についてよく御存じ
ない人が多いと思うので説明しましょう。

一般的に,私達が自動車保険に加入するときには,
ノンフリート契約という自動車保険で
加入することになります。ノンフリート契約とは,契約者が所有,または使用する自動車の
総台数が9台以下の自動車保険の契約のことを言います。1台につき自動車保険1契約となり,
保険料はそれぞれの自動車によって違ってきます。ちなみに,もしも10台以上であるならば,
フリート契約の自動車保険に加入することになり,その場合は,前車が自動車保険1契約で
管理されることとなります。

自動車保険において,等級というものはとても重要です。自分が今何等級で,等級が変わると
どうなるのかを確認することは,自動車保険の保険料を考える上でとても大切なことです。
等級があがるときは,毎年1等級ずつ,下がる時は,1事故3等級ずつです。

例えば,自動車保険の契約を継続・更新する場合には,1等級の人は50%割増になってしまい
ます。反対に,16等級以上の人は60&割引きになります。
自動車保険に新規加入する場合には,6等級からスタートすることとなります。


 『自動車保険 車両保険』

自動車保険の中にはいろいろな保障内容の保険が細かく分けられています。
そんな自動車保険の中で,車両保険という名前の自動車保険があります。

自動車保険の中の,車両保険とはその名前の通り,車両にかけておく自動車保険の事です。
例えば,車両保険という自動車保険は,契約をしているクルマが,偶然の事故によって損害を
受けた場合に,修理代などが支払われる事になる自動車保険の事を車両保険といいます。
自動車保険の中の,対人保険や対物保険とは人や物に対する損害の補償の自動車保険ですが,
この車両保険は,自分のクルマにかける保険というわけなのです。

この,車両保険という自動車保険はをかける時の保険金額というものは,契約をしようとする
クルマの年式や種類などのいわゆる「時価」というものを基に決められることとなります。
例えば,50万円程の値うちしかないとされるクルマなのに,車両保険という自動車保険を
使って300万円の保険をかけようとしてみたりすることは基本的には無理なのです。

この,時価というものは保険会社のほうが,
最新の時価のデータに基づいて決めることと
なります。万が一の時の為に,このような車両保険という自動車保険に予め加入しておく事が
安心となるのです。



 『自動車保険 ランキング』

自動車に関する保険,自動車保険。万が一の時に役立つ安心な保険が自動車保険です。
自動車保険のランキングを見るとどのような自動車保険が選ばれているのかわかります。
この自動車保険のランキングは,単なる数字ではなく,各保険会社の努力の結果となるのです。

2005年度の自動車保険のランキングを見ていくことにしましょう。
まず,自動車保険市場でのシェアランキングです。損保大手グループと言われる大手5社が
ランクインしました。

1位が東京海上日動の自動車保険。2位が損保ジャパンの自動車保険。3位が三井住友海上の
自動車保険,4位があいおい損保の自動車保険,5位が日本興亜の自動車保険というランキング
の結果になっています。

また,自動車保険の事故対応満足度ランキングというものもあります。
その1位はセコム損保の自動車保険,2位はAIU保険会社の自動車保険,3位は三井ダイレクト
の自動車保険,4位は全労済の自動車保険,5位がソニー損保の自動車保険となりました。
このランキングは,初動が的確で迅速であるかどうか,支払いのスピードが速いかどうか,
交渉経過をちゃんと中間報告するのか,対応が横柄でなく丁寧か,などがポイントと
なっています。



 『三井ダイレクト 自動車保険』

自動車を運転する人ならば,誰もが知りたい自動車保険。三井ダイレクトの自動車保険に
ついてのお話です。

三井ダイレクト損保の自動車保険には,さまざまなサービスの面が安心できる内容となって
いて,しかも三井ダイレクト損保の自動車保険の保険料はとても納得の行くものとなって
います。

まず,三井ダイレクト損保の自動車保険では,対物保険が無制限となっています。これは,
万が一の場合に備えて,対人賠償保険と同様に対物賠償保険も補償を無制限にすべきだという
三井ダイレクト損保のススメに基づいています。三井ダイレクト損保の自動車保険なら,
賠償金がどんなに高額にのぼってしまっても安心なのです。

また,三井ダイレクト損保の自動車保険には,対物超過修理費用特約というものがあります。
この特約を自動車保険に付加することで,相手の車の修理費が時価を超えて,その差額をこちら
が支払う場合でも,保険金が支払われるのです。

さらに,三井ダイレクト損保の自動車保険では,対歩行者傷害補償特約というものもあります。
これは,トラブルになることの多い歩行者との事故の際に,この特約が自動車保険に付加して
ある場合は,自分の過失割合にかかわらず,相手の損害の全額を補償してくれる自動車保険の
特約となっています。


 『チューリッヒ 自動車保険』

自動車を運転する人にとって,気になるのが自動車保険。普段気を付けて運転していても,いざという
時に自動車保険に加入しているのと自動車保険に加入していないのでは安心の度合いが違います。
チューリッヒという保険会社の自動車保険はスーパー自動車保険という名前がついています。

数ある自動車保険の中から,チューリッヒの自動車保険,スーパー自動車保険が選ばれている
理由とは,なんでしょう。それは,なんといってもチューリッヒの自動車保険の保険料がとても
リーズナブルであることです。

また,チューリッヒの自動車保険の保険料算出の仕組みは,ひとりひとりのリスクに合わせて
合理的に自動車保険の保険料を算出してくれるようになっているのです。
例えば,運転する地域,運転する人の年齢,年間予定走行距離,車の使用目的などによって
チューリッヒの自動車保険の保険料が変わってくることになるのです。

また,チューリッヒの自動車保険にはさまざまな割引きがあり,保険料をセーブしてくれます。
安全運転者割引,新車割引,ゴールド免許割引,エコカー割引,安全運転講習会受講割引,
インターネット割引などがあります。

また,24時間365日対応のカスタマーセンターがチューリッヒの自動車保険ではあるので,
きめ細やかなサポートを受けることができます。


 『アクサ 自動車保険』

自動車保険を考えている人にとって,やはりその自動車保険の知名度も大切といえます。
アクサダイレクトの自動車保険といえばテレビCMなどでもお馴染みです。

そんなアクサダイレクトの自動車保険の保障はつぎのような内容になっています。
自動車保険はアクサダイレクトの自動車保険ならインターネット割引で最大3500円となる為
とてもお得です。また,アクサダイレクトの自動車保険は,安い保険料で充実した補償内容が
付いてきて,自動車保険の見積もとても簡単で正確です。

アクサダイレクトの自動車保険の安さの理由にはいくつかあるのですが,まず,アクサダイレ
クトの自動車保険では,インターネットやコールセンターなどを活用して,直接取引をする事で
中間コストをなくしているので,その為に保険料が安くなるのです。

さらに,アクサダイレクトの自動車保険の安さの他の理由としては,「リスク細分型自動車
保険」と呼ばれる独自のスタイルを持っていて,ひとりひとりのライフスタイルや,車の使い方
に合わせた形になっているのです。アクサダイレクトの自動車保険は,ゴールド免許であったり
週末や休みの日しか運転をしない場合,通勤や通学にクルマを使用しない場合,年間予想走行
距離が5000キロ未満の人にとっては,保険料が大幅にお得になる自動車保険です。


 『損保ジャパン 自動車保険』

損保ジャパンの自動車保険は『One-do』という名前の自動車保険です。「えらぶ」ではなく
「つくる」をモットーにした自動車保険,損保ジャパンの自動車保険。

損保ジャパンの自動車保険は,ニーズ細分型の自動車保険で『One-do』という名前の自動車
保険となっています。

この損保ジャパンの自動車保険『One-do』は,業界初の新しい契約プロセスを持つ自動車保険
です。「保険をもっと便利に,もっと身近に」をコンセプトにできた自動車保険です。
ひとりひとりのニーズに合わせて自動車保険を「えらぶ」のではなく「つくる」。これが
損保ジャパンの自動車保険のコンセプトです。

損保ジャパンの自動車保険『One-do』の契約手続きは,完全なキャッシュレスとなっていて,
とても便利なものです。保険料は保険始期の翌月に口座から引き落とされることとなるため,
自動車保険の契約時に現金は不要です。

損保ジャパンの自動車保険『One-do』の補償内容は,ひとりひとりのニーズに対応ができる
補償内容を可能とした「ニーズ細分型補償」です。
損保ジャパンの自動車保険の主な補償内容は「対人・対物賠償保険」「人身傷害補償保険」
「車両保険」「事故・故障代車費用保険」の他に,「人身介護パック」「弁護士費用特約」
「他車運転危険担保特約」なども損保ジャパンの自動車保険の補償内容のひとつです。


 『ソニー損保 自動車保険』

年間走行距離が少ない人で,新たに自動車保険をお探しの人には,ソニー損保の自動車保険を
是非考えて頂きたいと思います。
ソニー損保の自動車保険は,特に年間走行が11000キロ以下の人ならば絶対にお得な内容に
なっています。

ソニー損保の自動車保険が,数多くある自動車保険の中で選ばれる3つの理由というものが
あります。
まず,一つ目に「保険料は走る分だけなのでお得」というのがあります。ソニー損保の自動車
保険は,1年間に走る分だけ支払いをすればよい,という合理的な自動車保険なのです。
二つ目に,「ソニー損保の自動車保険はロードサービスが充実している」というのがあります。
レッカーは20kmまで無料なので,事故だけではなく,故障の時にもソニー損保の自動車保険
はとても安心なのです。

三つ目に「安心の事故対応」というのがあります。ソニー損保の自動車保険なら,補償も
サービスもしっかりしているので,納得がいくまで丁寧な対応をしてもらえるのです。
また,ソニー損保の自動車保険が気になっているのなら,是非公式サイトで見積りをしてみて
ください。インターネットからであれば,最大3000円がオフになります。


 『東京海上 自動車保険』

自動車保険の見直しや新規加入などを考えているなら,東京海上の自動車保険がおすすめです。
東京海上の自動車保険は,家庭用総合自動車保険となっていて,『トータルアシスト』
という名前が付いています。

このトータルアシストという東京海上の自動車保険のモットーは,「事故の防止から事故後の
ケアまで」です。
この東京海上の自動車保険,トータルアシストは主な自家用車をご利用の個人のお客様専用の
商品となっています。

そして,東京海上の自動車保険は万が一の事故やトラブルの際に安心なのはもちろん,
東京海上の自動車保険は,万が一の事故やトラブルを未然に防ぐための情報も発信してくれ
るのです。

万が一,事故や故障などのトラブルがあった場合,東京海上の自動車保険のロードアシストは
24時間365日,フリーダイヤルで対応してくれます。
自走が不能となった場合のレッカー移動は,JAF会員であれば距離の制限がありません。
また,道路上や自宅駐車場でトラブルが起きた場合には,東京海上の自動車保険であれば,
30分程度で対応可能な修理ならば,緊急修理を行ってくれます。

また,道路上で燃料切れでガス欠となってしまった場合には,1年に1回までの利用であれば,
東京海上の自動車保険であれば,現場に急行して,ガソリンを10リットル届けてくれます。



 『東京海上日動 自動車保険』

キメ細かいサービスでとても人気のある東京海上日動。そんな東京海上日動が作った自動車保険,
トータルアシストは,東京海上日動らしく,キメ細かい豊富なサービスでとても人気です。

東京海上日動の自動車保険は,名前を「トータルアシスト」という名前の自動車保険です。
東京海上日動の自動車保険,「トータルアシスト」は,様々なキメ細やかなサービスが豊富で
とても安心な自動車保険となっています。

東京海上日動の自動車保険には,事故防止アシストというサービスがあります。このサービスは
東京海上日動の自動車保険「トータルアシスト」に加入すると,インターネットにて,東京海上
日動のスタッフが,保険のプロとして事故や犯罪防止などの役立つ情報を提供するのでそれを
見ることができるというものです。

また,東京海上日動の自動車保険には,メディカルアシストという,24時間365日フリー
ダイヤルにて対応してくれる,医師や看護士による電話の医療相談のサービスがあります。
東京海上日動の自動車保険には,もらい事故アシストという,もらい事故の場合に24時間
365日フリーダイヤルでバックアップしてくれるサービスもあります。

このもらい事故アシストというサービスでは,事故対応に精通した代理店・扱者や東京海上日動
の専門スタッフが,要望によって弁護士と共にバックアップしてくれるサービスです。


 『三井住友海上 自動車保険』

自動車保険にはさまざまなメリットや保障内容があり,わかりにくい事も多々あります。
三井住友海上という保険会社の自動車保険,MOSTのメリットとはどのようなものでしょうか。

三井住友海上の自動車保険は,「MOST」という名前の自動車保険です。MOSTとは,最上級と
いう意味です。

では,この三井住友海上の自動車保険「MOST」は,何が最上級な自動車保険なのでしょうか。
まず,三井住友海上の自動車保険は,相手への賠償が違います。相手に迷惑をかけてもしっかり
と賠償をするところが,最上級なのです。

また,三井住友海上の自動車保険は,自分と家族の補償が違います。ケガをしても,治療に
専念することができるのです。三井住友海上の自動車保険であれば,自分や一緒に乗っていた人
がケガをしたときに,入院費用,手術代はもちろん,働けなくて減ってしまった収入までを
補償してくれるのです。

さらに,三井住友海上の自動車保険では,車が壊れても頼りがいがあります。衝突事故や
イタズラなどで,愛車が傷ついてしまったときには,部品代,工賃,レッカー代などの修理に
かかる費用を補償してくれる自動車保険です。また,この自動車保険では,全損の場合には
一定額を上乗せして補償してくれるのです。


 『JA 自動車保険』

農協,つまりJA共済は安心の保険会社として知られています。このJAが出している自動車保険も
とても安心なサービスの自動車保険で人気です。

JAの自動車保険は「自動車共済」という名前で呼ばれています。このJAの自動車保険に加入
する際には,合わせてJAの自賠責の自動車保険とセットで加入すると,自動車共済がさらに
お得になるシステムになっています。

JA共済というものは,「助け合い」の精神から生まれているため,営利を目的とはしていないの
です。そのため,JAの自動車保険などについても,納得のいく掛金となっています。
また, JAの自動車保険は,JAの自賠責保険とセットでの加入であれば,対人賠償掛金が7%割引
となります。

JAの自動車保険では,車両保障と対物賠償とセットで加入すると車両保障・対物賠償のそれぞれ
の掛金が約7%割引となるので,とてもお得な契約となります。
また,JAの自動車保険で無事故を継続すると,最大20等級までの無事故割引等級が適用され,
自動車保険の掛金が最高62%まで割引かれることとなります。また,この無事故による割引は
保険会社等からの切り替えにも適用されます。
JAの自動車保険なら,2台目以降から新規加入がお得になるサービスもあります。



 『トヨタ自動車 健康保険組合』

自動車保険に限らず,保険には様々な商品が各社から提供されています。そのような保険の
中でも,トヨタ自動車健康保険組合について見てみたいと思います。

トヨタ自動車健康保険組合とは,その名の通りトヨタ自動車という自動車の会社が提供している
健康保険組合の事です。トヨタ自動車という名前が付くため,自動車保険を扱っていると思われ
がちですが,このトヨタ自動車健康保険組合では,その名の通り自動車保険ではなく,
健康保険について取り扱っていることになります。

このトヨタ自動車健康保険組合は,自動車保険ではなく健康保険を取り扱っている組合です。
保険事業として,病気にならない為の疫病予防事業や,健康の保持・増進に役立つ事業を
行っています。また,保険給付の事業としては,自動車保険の取扱いはなく,主に健康保険を
取り扱っていて,病院などを受診したときの医療費の支払いをはじめ,会社を休んだ時の
休業保障や出産をした時の費用や死亡したときの埋葬費用などの支払い業務を行ってくれること
になります。トヨタ自動車のやっている保険組合なので,名前だけ聞くと自動車保険を扱った
保険組合だと思われがちですが,上記のように実際は自動車保険ではなく健康保険を扱っている
組合となります。
posted by 日本自動車保険推進協会 at 22:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | じどうしゃほけん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

もうデリ嬢とか二度と呼ばねぇっす!
だってこれなら本番ができてお金までもらえるしな!
まだ始めて3日なのに、もう10万も貯まっちゃったヨン!!(*‘∀‘)ノ

http://grieh.net/abs/ubpnvfl/
Posted by まろゆき at 2010年01月19日 04:45

いつもみたいに寝転がって女におまかせしてたら
くにゅっくにゅってマ☆コがすごい勢いで絡みついてくんのwwwww
ビックリして10秒足らずでどぴゅどぴゅしちゃったYO!!

オレも逆 ¥ 生 活長いけど、あんな気持ちえぇマ☆コは初めてだわwww(*´Д`*)=3
http://buta-infr.net/ino/f28kh-v/
Posted by ファンキー師匠 at 2010年02月01日 04:02

まさかこの歳で女を抱いて金が貰えるとは!!
http://xabrina.net/don/fsh720t/
この前とか「おじさんのおちんちんきもちいいよぉ〜!」って23歳のコに言われちゃったぞ(笑)
初めは遊び半分だったけど、こりゃハマるわっ!!d(* ̄ー ̄*)b
Posted by 尻上がり親父 at 2010年02月11日 05:59

銀行に行ったらホントに5万振り込まれてて笑ったwww
ぶっちゃけエッチするだけでもウマウマ(゚∀゚)なのに、お金まで貰えるとかどんだけ!!!
http://nuda.pocket-m.net/2aivc09/
Posted by ちょまちょま at 2010年02月17日 04:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62092861
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
リンク集
日本損害保険協会
#1 自動車保険の選び方ガイド

キーワードアドバイス
ツールプラス

Powered by SEO対策

URL

サイトタイトル

ディレクトリ登録
by ホームページ登録


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。